☆はじめに&おしらせ★

アストルティアをプクダッシュ
ようこそ!

はじめに
冒険者紹介
関連リンク集

*おしらせ*

プロフィール

アルク

Author:アルク
メイン:アルク
種族:プクリポ・♀
ギルド:調理
職業:旅芸人・90
家:オルフェア トゥーンタウン
   2330丁目6番地
冒険者の広場:コチラ

サブ:ネオ
種族:ウェディ・♂
ギルド:ランプ錬金
職業:旅芸人・90

サード:ポルクス
種族:プクリポ・♂
ギルド:さいほう
職業:旅芸人・90

照れ屋なプクリポ少女・アルク
その兄で呑気なウェディ・ネオ
記憶喪失プク少年?・ポルクス
この3人をメインに様々な所を
旅した記録を書いています☆

更新は気まぐれに
早かったり遅かったり
当ブログはリンクフリーです☆
DQX関連ブログ・サイトさんは
リンク繋がせていただきますv

↓参加してます♪


最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

旅芸人クエスト ユーザーイベント ボス討伐 期間限定クエスト 公式イベント VU情報 ソロ プクレットの村 配信クエスト オルフェアの町 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブログの画像について

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

アストルティアをプクダッシュ!
照れ屋な旅芸人プクリポ・アルクと天の声(プレイヤー)の寸劇+珍道中?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光地紹介・特別編~未開のジャングルにて~
新しい年をむかえ早一週間が過ぎたのですね、天の声です。
ここをご覧になっている皆さまの多くはアストルティアでの旅を楽しんでいるのではないでしょうか。

さて、そんな皆さまにお尋ねしたいことがあります。
“未開のジャングルの奥地にダンジョンがある”…この噂を聞いたことはありますか?
未開のジャングルと言いましても、そこはジュレット住宅村の一角。
人々の安らぎの地に存在するというダンジョン…それは本当に存在しているのか。

私はとある文献でその情報を入手したのですが、幸運なことにその著者の方と接触することが出来たのです!
その方曰く「ダンジョンは今も健在である」との事。

今回は観光地紹介・特別編として、そのダンジョンに挑戦した軌跡を書き記したいと思います。



/観光地紹介…だよね?\
/…なんでいつもとちがう感じなの?\

…ダ、ダンジョンに向かうんですから当然でしょう!
緊張とかしてるんですよ!!
アルクさ…いや、レポーターさん!しっかりレポートお願いします!!
ダンジョンの場所は『ジュレット住宅村・未開のジャングル地区437丁目6番地』ですよ!!


ここが噂のダンジョンです
/………?\

入手した情報を元にたどり着いたのはこの一軒家。
ともすれば家族の笑い声が聞こえてきそうなこの家は―――しかし、間違いなく冒険者を惑わす“ダンジョン”なのです。
看板を調べて見ると、ダンジョンの主からの挑戦状が。
…どうやらスライムチャイムに一言書き記すことが出来れば良いようです。
“―――見つけられたなら”という一文から、それが容易ではないことが汲み取れますが…。


早速、その扉を開くレポーターさん。と、その時―――!


モーモンがあらわれた!
/!\

目の前には侵入者を拒む門番の姿が!
早くも戦闘開始…と思いきや、威嚇するのみで攻めの様子は全く見せません。
しかしここはダンジョン、相手は可愛らしいながらも魔物…いつ襲われるかわからないため慎重に、刺激しないように歩を進めることに。
…実はこの時すでに、今回の探索が難しいものであることに私は気づいていました。
先程の文献の情報では、入ってすぐの場所には何も無いとのことだったのです。
“ダンジョンが進化している―――?”胸によぎった違和感を伝えられぬまま、ダンジョンの探索は続いていきました…。


侵入者を阻む数々の壁
/ここ…どこかなあ…?\

中は非常に入り組んでいて、うっかりするとレポーターさんの姿を見失う危険性もありました。
冒険慣れしている方はしっかりとマーキングなどをしているのでしょうか?


湯気が出ている…
/…あったかい♪\

ホカホカと上がり続ける湯気。ダンジョンといえど人が住んでいるという確かな裏付けですね。
しっかりとついたてで隠されている辺り、細かな気づかいが感じられます。


使われた形跡がある…
/あけられるのかな?\

通路にしっくりと馴染んでいるこのタンス。
新種のミミックでは…とも思いましたが大丈夫でした。
ついつい疑心暗鬼になりかけていると、先を行くレポーターさんの楽しそうな声が聞こえてきました。


“主”の鎧なのだろうか…
/…ヨロイだ!\

さらに進んだ所で、レポーターさんが目にしたのは飾られた鎧でした。
ここの主は勇者であるとのこと…おそらく彼の装備なのでしょう。
「勇者がダンジョンの主?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
ですが勇者であるからこそ、日頃住まう家もダンジョンとすることで常に強くあり続けようとするのではないでしょうか。
そして、そのダンジョンに挑戦させることで新たに強い冒険者を育てようとしているのではないでしょうか。
彼の強い意思に心打たれ、その意思にあやかろうと鎧に手を伸ばそうとした―――


視線の先には…!
/―――!!!\

そう、まさにその瞬間。辺りを警戒していたレポーターさんが声にならない悲鳴を上げたのです。
そしてそのまま私の服の裾を掴み、元来た道へ駆け出しました。
彼女は幼いながらも数々の修羅場をくぐり抜けてきた冒険者。
そんな彼女すらも震撼させる何かがそこにあったのでしょうか…?
残念ながらカメラを向けることが出来ず、彼女の視線の先に何があったかを示す術はありません。
…ただ、私が感じたのは何かが風を切る音と、大きな影がこちらを見ているような得体のしれない感覚ということだけ…。





先程通った道だ…
/…迷っちゃった…(グスグス)\

…侵入者の歩みを妨げるのがダンジョン。それは行きも帰りも関係の無いこと。
ここが普通のダンジョンと違うのはあくまで住宅村にあるということです。
おそらく脱出の呪文“リレミト”も使えないのでしょう。
例の影がいつ追ってくるかもわからない…このままダンジョンをさまよい続けるしかないのでしょうか。


諦めかけたその時、レポーターさんの耳が何かを察知したのです。
手招きする彼女の後を付いていくと…!


助かった…
/入口…よかったあ…\

レポーターさんが聞いたのは、このモーモンの羽の音だったようです!
最初に遭遇した時は恐れていたその存在に助けられるとは思ってもいませんでした…。
でも、改めて見ると優しい…目を…していませんか…?してませんか…。


こうして、未開のジャングルに実在したダンジョンの探索は幕を閉じたのです。

ダンジョンの奥地に潜むものは何なのか。そしてチャイムは何処にあったのか…。
それはこれを見ている貴方の目で実際に確かめて欲しいと思います。



いつの間にか日が暮れてました
/…ずっとそのしゃべり方だったね…\


最後になりましたが、ダンジョンへの挑戦及びブログへの掲載を許可してくださった主さんへ。
本当にありがとうございました!またダンジョンに変化がありましたら是非挑戦させていただきます♪


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
http://sqex.to/cau

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストX - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

よくぞ我がダンジョンを制覇した!

それにくわえレポートありがとう。
感謝の意を表するのである。

まさかモーモンの羽音にそんな効果があったとは。
出口がすぐに見つからなかったとはいえ、スライムチャイムを見つけたのは、素晴らしいのである。
見つけられぬものも多いようであるため、しばらくはこのままにして置く予定である。
[2013/01/12 23:24] URL | げいむすきお #Qi8cNrCA [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪
お宅訪問(今回はダンジョンですね)レポートは初なので緊張しました…。
ダンジョンの凄さが少しでも伝えられたら、と頑張ってレポートさせていただきました!

思いのまま突き進んでいたので、なかなかの時間さまよっていたと思います。(行きも帰りも)
なのでモーモンさんの姿が見えたときは、メタルスライムに遭遇したぐらいの喜びがありました♪

こちらこそ、本当にありがとうございました!
[2013/01/13 11:28] URL | アルク #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asupuku.blog.fc2.com/tb.php/43-d84de46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。